第15回 秋田県特別支援学校 文化連盟

*** 第15回わくわく美術展で、本校からは15点が入選を果たしました。
*** また、同時開催された写真展では2点が入選しました。
*** 今回はわくわく美術展の優秀賞、佳作、みんなの写真展の入選作品を紹介します。

わくわく美術展自由作品部門へ わくわく美術展絵画コンクール部門へ  みんなの写真展へ


わくわく美術展

***自由作品部門  優秀賞***

「とうもろこし、 たぬきにたべられちゃったよ!!」

小学部3年 佐々木暖、 小学部4年 髙橋寛生

 

コメント:
 3・4年生の「げんき畑」に、今年はとうもろこしを植えました。「とうもろこしができたら、みんなで食べようね」と話していたのに、ある日突然、たぬきにとうもろこしを食べられてしまいました! 「楽しみだったとうもろこし、食べたかったね…」と話しながら、布と紙粘土を使ってかわいいたぬきととうもろこしを作りました。




***自由作品部門  佳作***

「『わたしのワンピース』のせかいに」

小学部5年 小田島海斗 小田長暁翔 児玉結奈 佐々木裕教 鈴木幸姫 畠山敬成
 

コメント:
 横手市立旭小学校との交流会での「わたしのワンピース」の絵本作りをとおして、みんなこの絵本がとても好きになりました。クリーム粘土を布に塗ったり、星、お花、木の実などの飾りで模様をつけたりして、かわいらしいワンピースを着るうさぎさんたちの世界が出来上がりました。




***自由作品部門  佳作***

「カブトムシに夢中!」

中学部1年 古関 龍生、佐渡美優、高橋健介、中山笙、伊藤亜海花、小野 滉瑛、
        斎藤琢磨、丹涼華

 


コメント:
 春に生徒が学校に持ってきたカブトムシの幼虫を瓶の中に土を入れて育ててきました。さなぎになり、夏についに成虫になりました。カブトムシが大好きになった生徒達が、風船に新聞紙や和紙を貼り付ける「張り子」という技法でカブトムシを作りました。幼虫や卵を作ったり、角の角度や足の形にこだわって付けたりしながら制作しました。


わくわく美術展自由作品部門へ わくわく美術展絵画コンクール部門へ  みんなの写真展へ


わくわく美術展
 ***絵画コンクール部門  佳作***

「花束のプレゼント」

高等部1年 佐々木愛奈

 

コメント:
 「もしも、私がお花屋さんだったら…」というイメージを表現しました。「自分の好きな色の花に囲まれたら、素敵だな」「腕いっぱいの大きな花束を作りたいな」、そんな夢を抱えています。




***絵画コンクール部門  佳作***

「悲しくて遠くを見ている」

高等部2年 柿崎聖輝
 

コメント:
 夜に悲しげに遠くを見つめるイメージで制作しました。パステルで色をつけましたが、背景が単調にならないようにグラデーションをつけました。グラデーションの色を選ぶのに、難儀しました。




***絵画コンクール部門  佳作***
 

「私が絵を描くときの得意な部位」

高等部3年 佐藤 幹生

 

コメント:
 自画像を描きました。絵を描くのが好きで、美術の授業の他、文化部でも絵画の制作をしています。描く物をよく見て描くように心がけているので、その時に使う目を強調して、描きました。


わくわく美術展自由作品部門へ わくわく美術展絵画コンクール部門へ  みんなの写真展へ

みんなの写真展
 *** 入選  ***

「新学期の朝」

高等部1年 佐藤翔太

 

コメント:
 4月に早く登校した時に、校庭で撮りました。桜の花びらに太陽の光があたり、とてもきれいだったので、撮影しました。




写真展
 *** 入選  ***

「秋のいざない」

高等部2年 鈴木 楓菜

 


コメント:
 放課後の文化部の部活動で撮りました。9月の初めから校庭にトンボが飛ぶようになり、木や草にとまっている様子を何度もねらいました。シャッターを切る前に、とんぼが飛んでいってしまうことが多く、やっと撮影した1枚です。



わくわく美術展自由作品部門へ わくわく美術展絵画コンクール部門へ  みんなの写真展へ

Designed by CSS.Design Sample