平成29年度

*** 進路指導 ***

<本校の進路指導の目標>

  児童生徒の自立と社会参加を目指し、児童生徒自身が「自分らしく生きること」を考え、主体的な 進路選択、進路決定ができる計画的かつ具体的な進路指導を実践する。 
 
   
  地域の産業及び関係機関との連携を深め、児童生徒の理解推進及び卒業後の地域生活、社会生活を支える環境を整えるための支援体制の構築を図る。
 
   
  進路に関する様々なニーズに応じた情報発信を行うことで、保護者や職員間、関係機関との情報共有や共通理解を深める。
 
   
  保護者や地域、関係機関と連携し、卒後支援(追指導)の充実を図る。



<努力事項>

  職員間の共通理解のもとに生活年齢や発達の段階等、個々に応じ、将来の社会生活をより豊かに、たくましく生きていく力を身に付ける計画的な進路指導に努める。
 
   
  地域産業での作業学習や実習を計画、実施し、地域とのつながりの強化に努める。
   
  進路に関する研修や計画的な部報の発行を実施し、進路指導に関する様々な情報を提供する。
 
   
   卒後支援(追指導)を通して、卒業生の進路先での様子を随時把握し、関係機関と連携して卒業生支援にあたり(原則として卒業後3年間)、在校生へのフィードバックに努める。
 
 
   
  みんなげんき会(同窓会)の活動を通し、卒業生の余暇支援等、生活面の充実に努める。
 


*** 平成28年度 進路指導部報「エール」 ***

   

第1号 6月30日発行 

第2号 11月25日発行 
   

過年度はこちら

*** 実習について  ***


本校では、実習をさせていただける地域の事業所を探しています。
生徒たちの『働く体験』  『働く意欲』  『就労」にどうかご協力ください。
詳しくは、リーフレットをご覧ください(画像をクリックするとPDFファイルが表示されます。)

    

Designed by CSS.Design Sample